費用を押さえることができる最高のウェディングパーティー

バナー

費用を押さえることができる最高のウェディングパーティー

ウェディング費用は、決して安い金額ではありません。

しかし、工夫次第で費用を抑えることも可能です。

昨今、不況の煽りで結婚式をしない、というカップルが増えてきています。

ですが、結婚式をしたい、という方が多いのも現実です。

私達夫婦は近々式を挙げるのですが、実際にかかる費用は相場よりも半額以下で抑えることができました。

まず、私達は「おもてなし」の心を一番に考えました。家族・親族には日頃の感謝を込めて、ありがとうという気持ちを大切に伝えたい。親しい友人には一生の思い出に残るような式にしたい。その為に私達が選んだ方法は、「親族のみの挙式」と「親しい友人のみのウェディングパーティー」を分ける、という方法です。

まず、親族のみの式はアットホームな雰囲気を大切にした形式を選びました。
私達の場合は特別なのかもしれませんが、籍を入れるまでに両家の顔合わせができていませんでした。
結婚式で初めて顔合わせという形になるので、お互いの家族を紹介する意味でもアットホームな雰囲気にこだわりました。

すでに顔合わせが済んでから式を執り行うケースが多いとは思いますが、家族水入らずで感謝の気持ちを伝える意味でも、親族のみの式は「おもてなし」の気持ちを大切にできる意味があります。


その式には友人は招待しませんが、後日にウェディングパーティーという形で会費制の式を執り行うことにしました。


会費制なのでゲストの負担を減らすことができ、友人のみのウェディングパーティーということもあり、気兼ねなくゲストが楽しんでいただけるように出し物などを工夫することができます。

実際にかかる金額は、ウェディングパーティーを会費制にしたことで、親族のみの式でのもののみに抑えることができました。
一番大切な気持ちを優先し、かつ、工夫次第で素敵なウェディングを思い出に残すことをおすすめします。

http://www.sakura-konkatu.jp/
http://wedding.excite.co.jp/map/
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/0506/087945.htm?o=0&p=3



滋賀の結婚式に今、注目が集まっています。

オシャレな結婚指輪情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

神戸の婚活に関する情報が閲覧できます。

二次会のドレスを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。